「高中木類・低木類」


●高中木類

針葉樹では、カイツカイブキ、コノテガシワ、ニオイヒバ、エレガンテシマ、イヌマキなどがあります。常緑樹では、イヌゲツ、ウバメガシ、カクレミノ、カナメモチ、ゲッケイジュ、サカキ、サザンカ、ヤブツバキ、ネズミモチ、ヤマモモ、ユズリハ、マサキ、ブラッシュノキなど、また、落葉樹では、サルスベリ、ネムノキ、ハンズオウ、ハナミズキ、エゴノキ、シャラノキ、ヤマボウシ、ムクゲなどがあり、花や実のなる木などが選べる楽しみがある反面、土壌厚などが十分でない場所には難しい、風の強い場所での安全面の確保が難しい場合などは施工が困難なケースも考えられます。

●低木類

針葉樹では、ハイビャクシン、フィラフィオーレラなど、常緑樹では、アベリア、シャリンバイ、トベラ、ハマヒサカキ、ボックスウッド、マメツゲ、サツキ、ツツジ類、カンツバキ、コクチナシ、ジンチョウゲ、ヒペリカム類など、落葉樹では、エニシダ、ボケ、ユキヤナギ、ドウダンツツジ、ヒュウガミズキ、レンギョウなどがあります。高中木類に比べ、比較的管理も容易なことや花や実のなる種類も多いことから、これらを上手に利用することで、四季折々の季節感溢れる空間を演出することができます。




【参考】
国土緑化推進機構屋上緑化